現代の日本社会では、うつ病になるかならないかは運だという方もいます。ひと昔前までは、うつ病は心の甘えなどという風潮がありましたが、最近では、うつ病への理解度も増えてきましたので、そういった偏見は無くなってきました。自分は大丈夫だと思っていたとしても、いつうつ病になってしまうかわかりません。こちらのページでは、うつ病になったらどうしたらよいのかをご紹介していきます。

うつ病の自覚症状

うつ病になったら、なるべく早く治療を開始しなければいけません。その為には、うつ病の自覚症状を認識する必要があります。うつ病を発症している方に多い症状が、何もやる気が起きなくなってしまったり、以前は簡単にできていた作業を難しく感じたり、簡単な作業も時間がかかるようになってきます。また、そういった症状と同時に、なんてことのない出来事でも悲観的に捉えてしまったり、全部自分が悪いと思い込むような自責的な感情を持ちやすくなります。

また、身体の変化として共通しているのが、食欲が低下したり、常に頭が重いような症状です。また、頭痛や全身の倦怠感、夜中に何度も目が覚めてしまったり、全く眠ることができないなどの不眠の症状も現れます。冷や汗をよくかいてしまったり、手足の先が冷たかったり、口の中が渇いてしまったり、肩こりや腰痛などの症状が現れる時があります。ただし、全くうつ病の症状が出ないという方もいますので注意が必要になります。

うつ病を発症したと思ったらまず相談

うつ病が発症したと思ったら、最初に原因の究明を行います。会社でのトラブルや借金、恋愛上のトラブル、親しい方やペットとの死別など過度のストレス原因であったり、椎間板ヘルニアや骨折、虫歯、癌など病気やケガが原因の時があります。特に最近増えているのが、ブラック企業のような心身ともに疲弊させる働き方です。

原因はひとつとは限りませんが、うつ病を発症する原因となる物の推測ができたら、可能な限りその原因から離れるようにしましょう。原因が身近にいるとうつ病の症状は改善しませんし、逆に悪化してしまいます。仕事や家族などの関係で、どうしても離れられない場合には、メンタルクリニックに相談しましょう。

しっかりと治したいなら新宿ストレスクリニックへ

うつ病の患者さんから絶大なる支持を得ているのが、最新治療が受けられる新宿ストレスクリニックです。新宿ストレスクリニックは、日本国内でもまだ導入数の少ない最新の検査機器や治療機器を導入しているメンタルクリニックです。他のメンタルクリニックで成果が現れなかった方も、新宿ストレスクリニックの治療で改善したという口コミも多く信頼できます。

他のクリニックで治療効果が得られなかった方の場合、新たにメンタルクリニックに通う気持ちになれないかもしれませんが、新宿ストレスクリニックは、初回のカウンセリング料金が無料になっております。こちらを利用すれば、金銭的な負担が無い状況でセカンドオピニオンにチャレンジすることができます。他のメンタルクリニックで成果がでず諦めてしまっている方は、ぜひ一度新宿ストレスクリニックに相談してください。