以前は理解されにくかったうつ病ですが、現在では、多くの企業で従業員がうつ病にならないような体制やうつ病に対する理解を深めるための行動を起こしています。また、うつ病にかかる方が急増している事もあり、うつ病の治療体制も新しい物になってきております。こちらのページでは、現時点で最新と言われているうつ病の治療法などをご紹介していきます。

うつ病になってしまう原因

うつ病の原因は、人によって様々です。はっきりとした原因は究明されてはおりませんが、うつ病になった方の背景や状況などを調べていくと、多分これらがうつ病の原因だろうというものが浮かび上がってきました。うつ病には環境的な要因と身体的な要因があります。身体的な要因は、慢性的な睡眠不足、かどの疲労、生理前、出産後のホルモンバランスの崩れ、更年期障害、降圧薬や経口避妊薬などの服用、感染症や癌などによる甲状腺機能の異常、脳血管の障害などが挙げられます。

あったり、会社などの人間関係のトラブル、妊娠、引っ越し、育児などの環境の変化、幼少期の体罰などの厳しい体験などが挙げられます。特に最近増えているのが、ブラック企業などに代表される過労、睡眠不足、ストレスなどが合わさって発症することが多いようです。

効果的なうつ病の治療方法

うつ病の治療で最も重要な事は、うつ病になってしまったであろう原因から物理的に離れるということです。会社でのパワハラやセクハラが原因なのだとしたら、会社を辞めるという事が最も効果的だと言えますし、睡眠不足や過労などの場合には、少しお休みをして健康的な生活を送るという事も必要になってきます。

ただし、うつ病の難しい所は、原因がわからなかったり、実はうつ病以外の病気の可能性があるということです。実際にうつ病にかかっているかどうかを判断することは専門家でも難しいと言われておりますので、しっかりと信頼できるクリニックに相談することが必要になってきます。

新宿ストレスクリニック

うつ病かどうか悩んでいるのでしたら、間違いなく新宿ストレスクリニックに相談するのがおすすめです。新宿ストレスクリニックには、光トポグラフィー検査というマシンでのうつ病検査を受けることができます。これまでは、担当医の経験などによって判断されていたうつ病を機会で判断することが出来るようになったのです。これにより、うつ病にかかっていることを証明することができますし、適した治療を受けることができるようになりました。

また、新宿ストレスクリニックには、TMSという磁気を利用したノンストレスのうつ病治療法があります。TMS治療法なら、これまで他のクリニックでなかなか改善しなかったという方でも、徐々に回復することができます。光トポグラフィー検査とTMS治療法によって、より短期間で、より効果的にうつ病を完治させられるようになってきているのです。

ドクターズインタビューでは品川本院の院長がTMS治療について語るインタビュー記事を読むことができます。こういった記事を読むことが、安心して治療を受けられるきっかけになるのではないでしょうか。ぜひ目を通してみてください。

新宿ストレスクリニック品川本院院長のインタビュー記事を読んでみる